トップ >> 保険に加入してみたら

保険に入っておきたいものです。

近年高齢化が進み、保険への加入の意識も変わってきたようです。今まではもしもの時のものでしたが、平成の時代になり医療費の値上がりや年金の受取金の低下が叫ばれる中、せめて自分が死亡した時に、お葬式代だけでも残したいと望み生命保険に加入する方が増えています。加入の際に、調査が緩やかなもの持病を抱えていても加入できるものも出てきており、更に高齢者の生命保険加入者は、増加し続けています。手続きが簡単になってきているのも入りやすい理由の一つでしょう。電話一本で資料請求したり申し込みもできるようですが、第三者も同席した上で、しっかりと内容を確認してから加入するようにしましょう。

見直しが必要な時期とは?

20年前までなら、年金の支給で生活し家族のためにお葬式代を残しておくことも難しくなかったのでしょうが、この平成の現在では、残念ながら困難になってしまっています。そこで、活用したいのが、保険です。怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんが、正しく知ることさえ出来れば上手に活用できるでしょう。家族で話し合っておくのも大切なことです。すでに手続きしている方は、これを期に今一度契約内容の見直しをしておきましょう。また、終身への切り替えや医療の保障を厚くしておくなども見直しのポイントです。まずは、加入している保険会社へ電話で問い合わせてみましょう。

自分にあった保険の情報