昔の保険事情と社会環境

現在では、生命保険だけでも選択肢は無数にあります。どれにしようか、正直迷う方も多いはず。さて、では昔と今ではどのように変わってきたのだろうか?昔の保険のイメージとは?出生の際や成人を迎えた時、また、婚姻の際に加入する方がほとんどでした。選べる会社も少なく、プランもほぼ統一されたものでした。よって、一度に加入すると再度、見直しなどすることもなく。担当者に一切を任せっきりにし、いざ!といううときにも詳細がわからないということも!亡くなってから、保険に加入していたと知ることも多々あるとか。今のように核家族化しておらず、年金も十分にあり、平均寿命50年~60年と言われた時代のお話。これからは、時代やリスク、家族構成、ライフプランに合わせて選ぶ必要があるようです。

あなたを護る保証とは?

昔と今の保険を見比べてみましょう!大きな違いは、保証期間、特約として指定されている内容、補償内容が大きく違うようです。病気や災害、成人病に特化したものも増えていいる近年。確かに良くなった部分も多いようですが、逆に支払いの期間の延長など一概に喜んでばかりもいられないようです。医療の進化、国の承認、国民の高齢化によって保険も大きく様変わりしてきています。ファイナンシャルプランナーへ相談して見直ししてみるのもいいかも知れません。迷った時には、一人で考えこまず周りの信頼出来る人に相談しましょう!公的機関でも相談できるところは多々あります。

新着情報

2013-01-10 がん保険比較と選択が追加されました。
2012-12-04 保険に加入する目的とはが追加されました。
2012-12-04 保険に加入するということが追加されました。
2012-12-04 いい保険とは何か?が追加されました。
2012-12-04 トップページが追加されました。

自分にあった保険の情報